車庫やシャッターの取り付けやトラブルに【手動でも自動でも】

大工

外回りを施工

外構工事の平均手的な費用は

作業員

外構工事とは、一般的には戸建て物件の外回りの工事を指し、隣接する家屋との境をわかりやすくするために外壁を設けたり、フェンスを設置したりすることですが、自宅前の公道や私道から自宅玄関までのところに駐車場を設けたりすることも含みます。 実際に掛かる費用については、その作業をする場所の面積、使用する材料の価格によって大きく左右されます。 建売住宅などの場合は、フェンスなどを設けずブロックを置くことによって、隣地との境界をわかるようにすることもあり必ずしもフェンスやブロックを高く積む必要があるわけではありません。 注文住宅においても自宅の敷地がわかれば良い、という程度であれば、もともと設置してある境界標のみで、外構工事をしない場合もあります。

工事する場所によっても内容が異なります

外構工事は、工事をする場所によっても異なることがあります。 例えば、東京の23区内では隣接する住宅との境がないほど密接に立っているため外構工事のうち境界代わりのフェンス工事などはしないことが多いです。 また、郊外型の住宅では防犯の意味もあり、自宅敷地と外部との境界を示すためにも周囲を囲むように比較的高めのフェンスや塀を設置することが多いです。 駐車場についてもすべてをコンクリートを打つ必要があるわけではないので、車が入るところだけコンクリにしてあとは芝生にしたり、歩くところにだけ置き石をして費用を抑えることが可能です。 実際に住む人がどのようなニーズを持って、また自宅建設費用とのバランスで外構工事の内容や方法が決まると考えられます。