車庫やシャッターの取り付けやトラブルに【手動でも自動でも】

大工

シャッターのタイプ

外国人

近年、車の盗難や車上荒らしの件数が多くなってきています。外出先の駐車場だけでなく、自宅の駐車場に車を停めている状態でも被害に遭うことがあります。自宅の車庫に車を停めてある状態で一度何かしらの被害に遭ってしまうと、犯人に「自宅の中も隙があるかも」と思わせてしまう恐れがあります。自宅や車を守るために最適な方法が、車庫にシャッターを取り付けるという方法です。車庫用のシャッターには電動タイプと手動タイプがありますが、どちらも効果が高く、設置するだけで大幅に車に対する被害を防ぐことができます。形状には、スラットタイプやグリルタイプなどがあります。車庫の広さや自宅の外観に合ったタイプや形状を選ぶのもよいですが、なるべく評判や防犯性が高いものを選ぶようにしましょう。

自宅が人通りの多い場所にある場合は、スラットタイプが適しています。逆に近所が知人や親戚で固まっている場合は、グリルタイプのシャッターが適していると言えます。グリルタイプは通風や採光に優れており、開放感がスラットタイプよりもあるからです。もちろん防犯性にも優れており、もし不審者が車庫に侵入しようとしても体を隠す死角を作らせないというメリットを持っています。最近は車に乗った状態で車庫の開閉ができる、リモコン操作式のシャッターも人気を集めています。メーカーによって相場やタイプなどが大きく変わってくるので、設置を申し込む前にじっくりカタログや担当者に話を聞いてみましょう。そうすることで、予算に合った、自宅に最適なシャッターを設置することができるのです。